ダイエット

肥満

肥満しているかどうかは、体内の脂肪の量が多いか少ないかで判断され、見た目や体重などで判断されるものではありません。体重が重くても筋肉や骨が多く、脂肪の割合が少ない人は、肥満ではありません。逆にやせているように見えても、脂肪の割合が多い人は肥満です。肥満かどうかは、体重に占める脂肪の割合、つまり体脂肪率が一定の基準よりも多いか少ないかで判断されます...詳しくはこちら

体脂肪

脂肪は、皮膚、皮下、筋肉、骨、神経、血液、内臓というように全身に存在していますが、人間の体内にある脂肪の総称を体脂肪といいます。脂肪はとかく悪者扱いされがちですが、私たちは脂肪なくしては生きられません。体脂肪は生命を維持するうえで、さまざまな重要な役割を果たしています...詳しくはこちら

カロリー

カロリーには、摂取カロリーと消費カロリーがあり、そのバランスによって太ったり痩せたりします...詳しくはこちら

基礎代謝

基礎代謝は、呼吸や体温調整など生命を維持するために消費されるエネルギーで、眠っている間でも消費されています。人間が生きていくうえで絶対に消費されるエネルギーです。基礎代謝は男性16歳、女性14歳をピークに下がります。基礎代謝は消費される全エネルギーの約70%を占めています...詳しくはこちら

食事

栄養面を無視して、むやみに食事量を減らしていたのでは、健康を損ねます。健康を維持するには、タンパク質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラルの五大栄養素をバランスよく摂取することが必要です。これらが体をつくり、活動を維持しています...詳しくはこちら

運動

運動は、身体にたまっている脂肪の燃焼を促進させます。身体を痛めたりケガをしない範囲であれば、運動は健康の維持や、増進に役立ちます。適度な運動を継続的に実践し、体脂肪の燃焼を効率的に促進する運動を継続しましょう...詳しくはこちら

ダイエット前に

ダイエットしなければならない身体になったのには、何らかの原因があるはずです。どうして脂肪が増えてしまったかを考えてみることが大切です。ただ漠然と体重を落とすことばかり考えるより、太ってきた原因を探るほうが大切です...詳しくはこちら

ダイエット日記

肥満している人は、ほぼ間違いなく生活習慣の中になんらかの太る原因が隠されています。しかし、自分では気づいていないことが多いようです。効率よくダイエットするために、まずその太る原因を突き止めなければなりません。そのために有効なのがダイエット日記です...詳しくはこちら

ダイエットスタート

肥満している方は、すぐに体重の減少を考えますが、いきなり減量に入ると、身体に負担をかけてしまい、一時は減量できますが、すぐにリバウンド現象があらわれ、元の体重に戻ってしまいます。そのことを繰り返していると脂肪だけが...詳しくはこちら

やせない理由

摂取カロリーと消費カロリーのバランスによって太ったり痩せたりします。消費カロリーより摂取カロリーが多ければ太り、少なければ痩せます。肥満の方は消費カロリーより摂取カロリーの方が多く、消費されずに残ったカロリーが体内に蓄積されて...詳しくはこちら

豆知識

かくれ肥満の人は、体重の割に脂肪が多いわけですから、その分、筋肉や骨、内臓などが痩せていることになります。体の中は肥満状態のうえに、大切な内臓などが衰えているとしたら、ただ脂肪が多いだけの肥満以上に問題...詳しくはこちら