オリゴ糖

オリゴ糖

オリゴ糖は当初、虫歯にならない甘味料として開発されたましたが、ビフィズス菌の増殖活性に優れていることが確認され、腸内のビフィズス菌の餌となることから、腸内の善玉菌を増やす甘味料として注目が集まっています。

オリゴ糖は、悪玉菌の餌にはなりません。人間の消化酵素によって消化されないので、胃や小腸で消化されず、そのまま大腸に入り、善玉菌のビフィズス菌の餌となり、どんどんビフィズス菌を増殖させます。

継続して摂り続けると、腸内の悪玉菌や腐敗生成物が激減して腸内環境が改善されます。

オリゴ糖のはたらき

オリゴ糖を摂ると便の量、水分量ともに増えるため、便秘の解消にも役立ちます。そのほか、カルシウムの吸収を改善する効果もあります。

オリゴ糖は、ショ糖とは違い虫歯の心配はなく、カロリーも低く血糖を上げることがないため、糖尿病が心配な人でも安心して利用できます。