Tweet
  1. トップ>
  2. ダイエットについて>
  3. 基礎代謝

基礎代謝

基礎代謝は、呼吸や体温調整など生命を維持するために消費されるエネルギーで、眠っている間でも消費されています。

人間が生きていくうえで絶対に消費されるエネルギーです。基礎代謝は男性16歳、女性14歳をピークに下がります。基礎代謝は消費される全エネルギーの約70%を占めています。

基礎代謝が高まると、運動をしていないときでも消費エネルギー量が増えるので太りにくい体になります。逆に、基礎代謝が低いと太りやすい体になり、基礎代謝をあげることがとても重要です。

筋肉が減ればエネルギー消費量も減る

基礎代謝低下の原因は、「筋肉の衰え」と「心肺機能の低下」といわれています。

筋肉量が増えれば基礎代謝も増えますが、筋肉量が減れば基礎代謝は減ります。

基礎代謝を高めるには筋肉を増やそう

静的運動で筋肉量を増やし、腹式呼吸で横隔膜を鍛えて、有酸素運動で心臓や肺などを鍛えると、基礎代謝が増え、全身の持久力がアップして、太りにくい体になり、生活の質の向上にもつながります。



次は食事について モバイル版 トップ