Tweet
  1. トップ>
  2. 整腸作用について>
  3. 便意

便意

人間の体は、食べ物を口に入れると、胃結腸反射と呼ばれる反応が起こり、胃や腸が強く動き出します。そしてS状結腸に溜まっていた便が一気に直腸に押し出され、今度は直腸壁が刺激されて、脳に「便を出したい」という信号を送ります。そこで初めて「便意」が起こります。

この刺激が排便中枢に伝わると、腸の運動と直腸の筋肉の収縮によって直腸の中が狭くなります。このときトイレに行って排泄姿勢をとると、直腸と肛門が直線化し、便を押し出しやすくなり、少しいきむことで、肛門内の圧力が増し、肛門括約筋がゆるんで、排便が行われます。

我慢しない

便を出したいという信号「便意」に気づいたら、すぐにトイレに行って排便することが、規則正しい排便リズムを保つ秘訣です。

便意に気づいても我慢したりすると、脳に「我慢する」という信号が送られ、せっかくの便意が消えてしまいます。

便意が消えると、腸の蠕動運動もストップしてしまうので、せっかくの排便のチャンスを逃してしまいスムーズに排便することができません。これが便秘の引き金になります。

とくに朝は胃が空になっているので、食事をすると、胃結腸反射が強く起こり、「便意」も強く、排便しやすい状態となります。朝の忙しい時に送られてくる脳からの信号「便意」をキャッチして、トイレに行く習慣をつけましょう。



次へ モバイル版 トップ